FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-11-04 (Sat)
先日、ほぼ一ヵ月ぶりに病院を訪れた。
9月末にヨガインストラクターの試験が終わってからというもの、なんだかモヤモヤがいっぱいなので相談してみる。

そのモヤモヤのひとつが友人たちのこと。
週末に一人の時間が必要な私は、ランチの誘いを断り続けている。
「もうちょっと待ってね」という願いを快く受け入れてくれる彼女たちに甘え、ずるずると会うことを引き延ばしてきた。
特に7月以降ヨガスクールに通い始め、試験が終わってからも胃潰瘍が治らず・・・
でも、本当のところこれは言い訳に過ぎないのかも。
私はプライベートな時間を一人で満喫したいのだ。
とにかく事業所関連のことに全エネルギーを注いでいるため、友人たちに会う精神力が残っていない。
週末にメンテナンスしないと、神経が擦り切れてしまいそうだ。
それでもせめて試験合格の連絡をと思うのだけど、メールすら苦痛に感じてしまう。
やっと迎えた一人の時間に、たとえメールでも人と触れ合いたくない。
何度かメールをやり取りしランチの約束をして・・・
想像するだけで心がキュッと苦しくなる。
こんな自分本位な考え方にモヤモヤしつつも、心理的抵抗があって動けない私を不甲斐なく思いさらにモヤモヤ。
発達障害の特性なのだからと思っても、やっぱりモヤモヤモヤモヤ。


先生は私の話を聴いて、

「友達はわかってくれてますよ。
 わかる人とだけ続いているのでしょうから・・・大丈夫ですよ」

と。

ほんとだ。
仕事でも趣味でもいつも全力疾走でそちらを優先してしまう付き合いの悪い私を、これまで見捨てずにいてくれた彼女たち。
きっとまた「しょうがないなあ。かなちゃん、また走ってるんだろうな~」と思ってくれてるに違いない。



「モヤモヤがなくなって会いたいと思ったときに会えばいいんですよ」

先生の言葉に、涙がポロリ。
こんな友達がいるなんて、私は本当に幸せ者だなあと思ったら嬉しくて。
少しモヤモヤが晴れ、心が暖かくなった。
 
スポンサーサイト
| いろいろ | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する