FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-03-10 (Sat)
先日、先生や精神保健福祉士さんと、障害年金申請書類作成の進め方を相談してきた。

う~ん、これはなかなか大変だ。
一筋縄ではいかないような気がする。
<病歴・就労状況等申立書>というのを書かなくてはならないんだけど、50年近く生きて何度も転職しうつ状態を繰り返してきただけに、書くことが膨大な量になる。
一週間かけて人生年表を作ったので、これを下地に完成度を上げていかなくては。
どっちに転んでも悔いのないように。

ここで一つ、問題発生。
年金事務所や年金相談センターで
障害年金申請書類を手に入れるには、“初診日” の確認が必要らしい。
実は、私はその日を覚えていないのだ。
というのも、10年以上前に、今お世話になっているクリニックとは別の病院で診察を受け、「うつ状態ですね」と診断を受けた。
だから、その日が初診日となる。
そんな昔のこと、正確な日付なんか覚えてないし領収書も残っていない。
この問題をクリアするためには、その病院で<受診状況等証明書>というのを書いてもらう必要がある。
カルテの保存期間は5年・・・もうないかも(/ω\)
そうなると次は、その書類を提出できない旨を記した書類を提出することになるそうだ。
書類はこれもまた年金事務所等に取りに行くことになる。
よかった、救済法はあるんだ。
ただ・・・手間がかかるだけ。
 

そして翌日。
この日はいつもより早く出て、年金相談センターへ行ってきた。
<受診状況等証明書>用紙をもらうため、事業所へ行く前に寄り道したのだ。
センターと病院とを行ったり来たりしなくても済むようにと、昨夜念入りに計画を練った。
脳の過活動で眠れぬ夜を過ごし、すでに心はファイティングポーズ。
それでもまずはファーストステップだ。

ところが、用紙をもらうだけなのですぐに済むと思ってたら、なんだか話が違う方向に??

「申請書類は、以前はその証明書が必要だったんだけど、今はなくても渡すようになったんですよ」

え―っ!?

「すぐに渡せますけど、どうします?」
と聞かれ、「お願いします!」と即答。

そこから40分ほど書類の説明を受け、センターを後にした。



頭の中で、鐘が鳴り響いている。
いったい何が起こったのだろう?
混乱する頭で必死に考えるがことは単純で、申請書類がすんなり手に入ったのだから何も困ることはない。
それなのに動揺が収まらない。
だって、昨夜あんなに思案して計画を練ったのに。
それをあっさりと覆されてしまったんだから。
これは想定外だった。

事業所に着いて福祉士さんに事の次第を告げる。
「どうしてそんな涙目になってるんですか」と不思議そうな福祉士さん。
そのときの私は、計画が崩れ混乱し泣きそうだったのだ。


何はともあれ、申請書類は手に入った。
さあ、これからだ!
 

羽ばたく 




ちなみに、3月13日受診記念日

今のクリニックにお世話になり始めてから3年になる。
何年たっても、この日付は決して忘れないだろう。

この出会いに感謝+゚。*(*´∀`*)*。゚+
 
スポンサーサイト
| 障害者手帳と障害年金 | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する