FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-11-03 (Sat)
10月31日、就職が決まったMさんとTさんが事業所を卒業した。
2人とも翌日が初出勤日。
初日はどうだったんだろうと、想いを馳せる。


Mさんは、1年7カ月前この就労移行支援事業所創立と同時に入所した、記念すべき利用者第1号。
その頃の彼女は心がボロボロで自己肯定感がとても低く、本当によく泣いていた。
徹夜で勉強しながら家事や育児をこなし、それでも「私は全然できてない。頑張ってない」と自分を責めるばかり。
そして、自分が発達障害であることも受け入れられず、「普通になりたい」と願い続けていた。

そんな彼女が、いつからだろう、
自分を認められるようになったのは

持ち前の集中力と真面目さでどんどん興味のある資格を取得していき、人前でも堂々と発言できるようになっていった。
まるでさなぎが蝶に変身したように、彼女は真っ白な羽を大きく広げ、「これが私」と誇らしげに宣言する。
そんな彼女が眩しくて、卒業式は涙が止まらなかった。


卒業、おめでとう。

就職、おめでとう。

そして、たくさんの勇気をありがとう。


ありがとう 
 
さあ、次は私たちの番だ。
1期生仲間と声を掛け合った。
最高の笑顔と涙で卒業できるように、今できることを精いっぱいやっていこう。

スポンサーサイト
| 就労移行支援事業所 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する