FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-12-24 (Sat)
いつだったか、精神保健福祉士さんから、とても面白いキーワードをもらった。
それは、人と会うときの “チャンネル” という概念。

「かなさんは会う人ごとにチャンネルを変えられる人」と福祉士さんが言う。
なるほど。言われてみれば、そうかもしれない。
会う人ごとにその人の波長を受信し、それに合うチャンネルに変える。
たくさんの人と会うと、そうやって一日中チャンネルを変えなければならないから、疲れてしまう。
しかも、一人の人でも話の内容で波長が変わっていくので、チャンネルの微調整が必要だし。
たまにチャンネルがなかったり間違えちゃったりして、相手を戸惑わせてしまうけど(;^_^A
人と会うとき、私のアンテナは常にファイティングポーズ。
それでこの前も受信しすぎて、感情がいっぱいになってダウンしちゃったのかな。

ただ、私は “ちょっぴり発達凸凹” なので、受信するためには全神経を集中しなくてはならないし、正しく受信できているかどうかは怪しい。
そして、しょっちゅう神経疲労で頭痛に襲われる。
さらに最近は、これまで以上にチャンネル不足を痛感。
今月から週2日で通い始めた就労移行支援事業所で、「この人に合うチャンネルを持ってない(゚Д゚;)」と戸惑うことがあるのだ。

世の中には、チャンネルが一つしかない人もいるらしい。
そういう人が誰かと会うときは、相手がチャンネルを合わすことになる。
そして、チャンネルが一つの人は、相手の苦しみを背負って “共倒れ” することはない。
なるほど~。わかるわかる。
人間って、やっぱり面白いなあ。

福祉士さんも、山ほどチャンネルを持っている人。
チャンネルが増えるのが嬉しいんだって。
自分の中にチャンネルがない人と会うと、「新しいチャンネルが増える!」と思うんだって。
そうか、ありもので勝負するんじゃなくて、開拓していけばいいのか。
発達障害のある人は「できること」と「できないこと」の差が激しいけど、
自分の中には、まだ知らない「できること」が眠っているかもしれない。
そう考えると、未来の選択肢が増えるような気がする。

過去の自分で未来を生きると考えると限定されちゃうけど、
未来の自分はまだまだ成長できる。


それなら、可能性は無限大だ。
                      宇宙1  
スポンサーサイト
| 自己受容 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する