FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-02-13 (Mon)
「かなさん、これが発達障害の特性だとわかってますか?」

「はい。でも、これほど頑固なのも・・・ですか?」

“これほど” なんです。それが特性なんですよ」



  “急な予定の変更に対処できない”
                       という、発達障害の特性。 


先日の福祉士さんとの面談で、私は自分の頑固さ、融通の利かなさを痛感し辛かった話を
した。
それは、先月末のこと・・・

 
(当日の日記より抜粋)***********************

朝、就労移行支援事業所から電話があった。
「明日の午後、退所する利用者さんの修了式なので、参加しませんか」
という連絡だった。
連休中で翌日も休みの私に、振替で他の日を休みにすればいいとも言ってくださった。
でも私は「すみません、明日は用事があるので」と断ってしまった。
ほんの少し予定を変更すれば済むことだったのに。

本当は私も彼を見送りたい。
不器用ながらも自分のことを話してくれて、私のことも気にかけてくれていた彼。
最後は直接「ありがとうございました」って言いたかった。

それなのに、それでも・・・
私は切り替えができなかった。

今朝も「明日もまだ休みだから大丈夫!」と心の中で確認し、まだ事業所へ気持ちを向けなくてもいいと自分に言い聞かせたばかり。
そこへいきなり「明日来ませんか?」と言われても、私には対処することができない。
一気に緊張が高まり、とまどい、混乱する。

そして、彼を見送ることより自分の予定とひとりの時間を守ろうとする自分を嫌悪しながらも、
どうしても譲ることはできなかった。

苦しい。
困惑、悲しみ、怒り、いろんなものがごちゃ混ぜになって涙がこぼれ落ちる。
こんなに苦しいのに、自分の心の欲求を通そうとする私。
「行きます」と言ってしまえば、きっとそこから心を作っていけただろうに。
休日はまた巡ってくるけど、彼とはもう会うこともないだろう。

それなのに、それなのに・・・
そう思いながらも、私は決断を翻そうとしないのだ。

それよりもこの苦しさを払拭しようと、日記に書いて忘れようとしている。
罪悪感を抱えたまま連休を過ごすより、明日通所するほうがいいんじゃないの?と
普通なら思うかもしれない。
これまで何度同じようなことを繰り返してきたのだろう。
理性ではわかっているけどそう思えないところが、
私の困ったところなのだ・・・
 
************************ヽ( ̄д ̄;)ノ******



「かなさんは “グレーゾーン” だからこそ、罪悪感を感じて辛い思いをするんですよ」

しっかり発達障害してる人なら「行かない」で終わり、らしい。

「本当に・・・本当に辛かったでしょう。
 これは特性です。もう自分を責めないでください」

福祉士さんの言葉に、涙がこぼれた。



バラの涙
 
また一つ、自分の特性を知ることができた。
そして、どうにもならなかった自分を許し、受け止めることも。
まだまだ私の中には知らない私が存在しているハズ。
こうやって、私の “発達障害マイブーム” はこれからも続く。
 


スポンサーサイト
| 私の凸凹(特性) | COM(10) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する